福岡のちょっと変わった観光・旅行案内

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

ショック!赤坂門市場が2016年8月で取り壊しになるそうなのでロシアうどんを食べに行ってみた

福岡市中央区の赤坂にある「赤坂門市場」が2016年8月で取り壊しになるそうです・・・。ショックです・・・。

IMG 9734
▲ 赤坂のビル街の中にポツンと昭和な雰囲気を残す赤坂門市場。

[map addr=”福岡県福岡市中央区赤坂1丁目9−10”]
▲ 場所はこちら。

IMG 9726
▲ 木製のアーケード商店街でレトロさがハンパない。

IMG 9742
▲ 裏側はこんな感じ。

IMG 9746
ALL-AのタケさんWEBサイトによると、

市場が成立した時期は不明ですが、現在の建物はおおむね戦後初期の建設と思われます。

とのことで相当古いもののようです。

こういった市場によくあるように戦後のドヤ街から発展したものなんでしょうかね?

IMG 9748
▲ たぶん、屋根瓦や木材が落ちないようにするためだと思いますが、多くの部分がネットで覆われています。

IMG 9684
▲ 場所によってはこんな感じで崩れてしまっている箇所もあるようです。

IMG 9750
▲ 取り壊しは残念ではありますが安全面でも仕方ないことかもしれませんね。相当古い建物ですし。

IMG 9723
▲ 現役で営業している「緒方フルーツ」。近隣の飲食店の人もよく買い付けを行っているようです。

IMG 6328
▲ 少し前に閉店してしまいましたがお好み焼きで有名な「ふきや」も赤坂門市場の中にありました。※写真は2013年10月撮影

IMG 9680
▲ こちらの「ヤング美容室」も現役。窓の隙間からチラッとレトロな店内が見えます。

IMG 9686
▲ そして現在残る唯一の飲食店が「いっとく食堂」です。

IMG 9236
▲ 以前はラーメン屋だった気がするけど・・・なんかロシア推しになっている?

というかさらにその前は定食屋だったような・・・?

いろいろと模索中ということでしょうか。

いや、相当器用、ということなんでしょう。

IMG 9711
▲ 「赤坂でいちばん小さな食堂」「羊の串焼」「創作ロシアごはん」「ウズベクうどん」そして「いらっしゃい!」と言うマトリョーシカ。

気になりすぎる!

IMG 9692
▲ ランチ営業もしているみたいですし、一人でも入りやすそうなのでちょっと勇気を出して(?)行ってみることに。

赤坂門市場の建物内部がどうなっているかも気になりますしね。

IMG 9695
▲ 扉を開けるとこんな雰囲気でした。

なるほど、少し狭さは感じますけどボロボロというわけではないんですね。

なんだか秘密基地みたいで楽しいです。

IMG 9696
▲ 奥にキッチンがあります。もともとどういう使われ方をしていたのかは不明ですがちょっと不思議な構造。

お店の方に伺うと2階もあるそうで、以前は2階席も設けていたんだとか。今は2階席はなくして1階だけの営業とのことです。

IMG 9703
▲ そして、こちらがロシアうどん。

カレーのような香辛料的な香りがGOODです。

スパイシーさが食欲をそそります。

ちなみに普通はご飯はついていないそうですが特別にサービスでつけてくれました。

IMG 9708
▲ ロシアうどんに入っているのは羊の肉だそうです。

初めて食べましたが美味しいものですね〜。癖になりそう。

IMG 9709
▲ 沖縄そばのような麺がとても美味しいです。

さすがロシアうどんだけあって食べているとぽかぽかしてきます。

スープカレーのような薬膳鍋のような洋風なような和風なような・・・初めて経験する味ですが、これはもっと流行っても良いレベルでウマい!

IMG 9710
▲ このご飯もなんだか独特な感じなんですが美味しいんです。

たぶん単品でも注文できると思いますので詳しくはお店の人に聞いてみてください。

いっとく食堂、赤坂門市場がなくなる前に絶対また来よう!

赤坂門市場がなくなった後、移転して続けるかお店を閉めてしまうか迷っているそうです。

でもこんな美味しいんだったらぜひ続けてもらいたいな。あんまり無責任なことは言えませんが・・・。

IMG 9716
▲ あと半年ほどするとこのレトロゾーンが無くなってしまうと思うとちょっと寂しい気もしますね。

IMG 9741
▲ みなさんも無くなる前にぜひ!ただし老朽化が激しいのでくれぐれもご注意を!

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る