福岡のちょっと変わった観光・旅行案内などを紹介

メニューを表示

【店屋町】福岡で最古の喫茶店「ブラジレイロ」でウマすぎるハンバーグを食べてきた

福岡で最古の喫茶店「ブラジレイロ」でウマすぎるハンバーグを食べてきました。DSC09356
▲ 今さら感がありますが、実は今回初の訪問。

DSC09359
▲ 博多で喫茶店といえばブラジレイロというほどの有名さ。

DSC09364
▲ 創業もかなり古く昭和9(1934)年に東中洲にオープンしたのが始まりです。

IMG 1710
▲ 東中洲時代のブラジレイロが写っている絵葉書。

この写真の中央部分の橋のたもとにある白い建物がブラジレイロです。

DSC09096
▲ ちなみに現在はこのようになっています。※写真右側の黒いビルの場所が元ブラジレイロ

[map addr=”福岡県福岡市博多区中洲4丁目6−12”]
▲ 地図でいうとこのあたりです。福岡県福岡市博多区中洲4丁目6−12

ブラジレイロはブラジルのサンパウロ州のコーヒー局が豆の宣伝のためにオープンした店舗がルーツになっていて、オーナーは中村安衛という人が務めたそうです。

DSC09103
▲ ブラジレイロには原田種夫や火野葦平が通っていたらしく、元ブラジレイロがあった場所には原田種夫の文学碑が建てられています。

IMG 1186
▲ 店内の様子はこのような感じ。

入り口横に らせん階段があり、2階に行けるようになっています。

IMG 1187
▲ コーヒーを焙煎する機械が見えます。カッコイイです。

食後のコーヒーを楽しみに昼食にはハンバーグを注文。

ハッシュドビーフやミンチカツ、オムライスなどが有名だそうですが、それらは他のサイトでもたくさん紹介されていたのであえてハンバーグに。

IMG 1189
▲ 展示されていた写真。昔の店内の様子でしょうか?

ちなみに、「ブラジレイロ」というのはブラジル人の男性という意味なのだそうです。

IMG 1191
▲ そんなうんちくを学んでいたらハンバーグが到着。

これは・・・相当ウマそう!

IMG 1195
▲ ハンバーグがデカい!あと、この黄色いヤツが気になりますね。

IMG 1197
▲ ハンバーグを割ってみたところ。

ざっくりと刻まれた玉ねぎがいい感じだ。

味は・・・相当ウマい!かなりレベル高めです。

IMG 1204
▲ で、先程気になった黄色いヤツをつけて食べてみると・・・・カラシ(マスタード)でした。

デミグラスハンバーグにカラシってけっこう合うんですね!これはこれで味が変わって美味しいです。

かなり大きいサイズだったのですが、ウマすぎてあっという間に完食。

IMG 1205
▲ そして食後のコーヒー。

お店のパンフレットによると、

ブラジレイロの珈琲は「マイルドブレンド」を中心に、アメリカンタイプの「ソフト」等の一般的なブレンドに加えて、まろやかな味と香りの「クラシック」、カリブ海の島々の高級豆を使った「カリブの華」、またやや深めの焙煎によるエスプレッソタイプの「ベネツェアンブレンド」でウォータードリップした「水出しコーヒー」等が顧客に愛飲されています。珈琲豆も、ジャマイカやコロンビアの良質の豆を厳選して使用し、オーナー自らが赤外線、半熱風による焙煎を行っております。又、ストレートとしてスペシャルティーコーヒーもとり揃えております。

とのこと。

小さめのカップに入っているのですが、絶妙な分量。少なすぎず多すぎずでちょうどいいです。

IMG 1215
▲ このコーヒー豆は店頭でも販売されていました。

DSC09356
▲ 博多最古の喫茶店というだけあって、さすがのクオリティーでした。大満足です。

昼時はかなり混みあうようですので、少し早めに行くと良いと思います。

【参考サイト】
編集部オススメのグルメスポット ブラジレイロ | 博多祇園山笠ポータルサイト【山笠ナビ】

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏・山田全自動
(山田孝之)
facebook Twitter
Y氏・山田全自動こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。2019年3月からはやや雑記ブログに方針転換しました。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る