福岡のちょっと変わった観光・旅行案内

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

【博多区】百年橋通りなのに一日に一本しか来ないバス停

福岡でもトップクラスの交通量の「百年橋通り」にあるのに、一日に一本しかバスが来ないバス停があるんです・・・。いったいナゼ?!

FullSizeRender
▲ 福岡の移動手段と言えばやっぱりバス福岡の道はバスによって渋滞が引き起こされているなんて言われたりしていますが、大きい通りに行くとバス渋滞しているというより、バス渋滞しているなんてこともあったり・・・。

P1100831
▲ そんなわけですから、福岡でもトップクラスの交通量をほこる百年橋通りにもたくさんのバスが行き交っています。

でも、そんな交通量の多い百年橋通りなのに、一日に一本しかバスが来ないバス停があるらしいのです・・・。

P1100836
▲ それがこちらの「東光小学校前」のバス停。

いやいや、こんなに大きい通りなんだから15分に一本ぐらいは来るでしょう・・・?と思って時刻表を見てみると・・・・








P1100837
何このシンプルさ!8時13分に1本だけ!これだけ見ると山の中にあるバス停の時刻表みたいだ。

P1100839
▲ 周囲に住宅が無いってわけでもないですし、人だってそれなりに通っているのに・・・ナゼ?!

ってことで、以前に「小笹」より北にある「小笹南口」のバス停を教えて頂いた、西鉄バスマニアの沖浜さんにどうしてこうなったのか聞いてみました。

Map20160113
▲ 沖浜さんによると、東光小学校前バス停の北にある「空港通り」が関係しているのだそうです。

IMG 4471
▲ まず、昭和51年の地図を確認してみると、まだ空港通りがありません。空港通りは、福岡空港から博多駅を結ぶ大動脈として機能していますが、当時は細い道路だったんですね。

なので、空港や二又瀬方面から博多駅に向かうバス(38番線)は百年橋通りを経由して博多駅に行っていたわけです。

FullSizeRender2
▲ ところが、それから数年後に空港通りが完成して、39番線が設けられました。これが開通したことで、よりスムーズに博多駅〜空港間を行き来できるようになりました。

Map1
▲ シンプルに表すとこんな感じ。今までぐるっと遠回りしていたのが、ずいぶん滑らかになったというわけです。

しかも、東光小学校のすぐそばには地下鉄空港線の「東比恵駅」も設けられたので、博多駅まで地下鉄一駅で行ける区間をわざわざ時間のかかるバスに乗るという意味合いもなくなりました。

P1100837
▲ そんな理由から大通りにありながら、ものすごく本数の少ないバス停になってしまったんだそうです。なるほど〜!これは面白いですね〜!






・・・って、ちょっと納得しそうになりましたが、そんなに意味なしの路線ならばいっそ廃止してしまえばいいのでは??なぜたった一本だけの状態で未練がましく運営を続けてるんでしょう??

そんな疑問も沖浜さんにぶつけてみました。

P1100845
沖浜さんいわく、こういう38番のようにあまり利用客が見込めなくても運行を続けている路線を 一般的に「免許維持路線」というのだそうです。

バス路線があったところを一度廃止してしまうと、次に運行免許を再取得するのはなかなか難しいのだとか。そのため、少ない本数だけ走らせておいて、とりあえず路線を生かしておくのだそうです。

P1100825
▲ 沖浜さんの推測では、38番沿線は工業地帯で東福岡高校などもあるので、需要がまた何かで盛り返すかもしれないから廃止にはせず免許維持にしているのではないか、ということでした。

免許維持路線は福岡市内に数例あって、「四箇田団地入口」のバス停なんかも12時21分に一本だけだそうです。(※以前は23時58分で、始発が深夜という珍しいバス停だったそうです → 四箇田団地入口のダイヤ改正

また、免許維持路線の究極の形として一年に一本というものもあるそうですよ!これは京都の「京都バス95系統」という路線で、もの珍しさから話題となり、乗客が増えたことで1台では乗り切れず続行便が出ているというよく意味のわからない状態になっているそうです笑

P1100839
▲ 百年橋通りなのに一日に一本しか来ないバス停、なんとも興味深い話でした。物好きな方はぜひ一度乗ってみて下さい。

ちなみに、沖浜さんの運営しているサイトにはそんな感じのバスのトリビアがたくさん載っていますので読んでみるとハマりますよ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

ほぼ西鉄バスの旅
http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/

あと、↓こんな本の執筆にも協力されています。

秘境路線バスをゆく (イカロス・ムック)
イカロス出版 (2016-01-28)
売り上げランキング: 127,007
秘境路線バスをゆく 2 (イカロス・ムック)
イカロス出版 (2016-07-28)
売り上げランキング: 61,634

僻地のバス停をひたすら紹介した本ですが、これまた面白い。

こんな場所にバス停があるの?!いったいどんな人が使ってるの?!というネタが満載です。

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る