福岡のちょっと変わった観光・旅行案内(旧・Y氏は暇人)

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

【地下鉄】けっこう登り降りしてた!福岡市営地下鉄の高低差が意外とあることが分かる資料

「福岡の新しい足 地下鉄」という紙資料を入手しました。

IMG 1052
▲ こちらのパンフレットです。

IMG 1055
▲ 裏面はこんな感じ。

地下鉄工事の時の交通案内や、地下鉄工事に理解を求める文章が書かれていますので、おそらく地下鉄が完成する前の説明会などで配布された資料ではないかと思われます。

IMG 1053
▲ 中を開いてみると工事がどのように行われるのかが図解入りで掲載されています。

難しくてちょっとよくわかりませんでしたが、とりあえず、「オープンカット工法」「シールド工法」「山岳トンネル工法」の3つの方法があるのだとか。

IMG 1054
▲ 資料をさらに展開するとこんなページが。

IMG 1054  1
▲ どの部分がどの工法を使って工事されるのかが示されています。マニアックすぎる資料だ・・・。

福岡市営地下鉄では大部分を「オープンカット工法」が採用されているらしく、道路の交通への影響は大きいけれど、早く安全に工事を行うことができるのだとか。

IMG 1054  2
▲ あと、面白いかったのがこちら。地下鉄の断面図です。

赤い部分が地下鉄。

こうやって見てみると、地下鉄ってかなり高低差があるんですね。

IMG 1054  4
▲ 一番深いところは室見あたり。

おそらく室見川があるので深くする必要があったのでしょうね。

室見あたりは深さ30メートルぐらいのところを通っているようです。

一番浅い部分が10メートルぐらいなので約20メートルの高低差があるんですね。

IMG 1054  3
▲ あと、那珂川下もやや深い場所に地下鉄が通っているようです。

まっすぐ伸びているものとばかり思っていたらこんなに登り降りしていたとは!

IMG 1054
▲ 今度地下鉄に乗る時には高低差が感じられるか集中してみたいと思います。でも緩やかな斜面にしているだろうから わからないだろうな〜。

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る