福岡のちょっと変わった観光・旅行案内(旧・Y氏は暇人)

メニューを表示

福岡路上遺産

【糸島】極楽は糸島にあったね!昭和レトロすぎる旅館「初潮(はつしお)旅館」

FullSizeRender.jpg

極楽は糸島にあったね!糸島の昭和レトロすぎる旅館「初潮(はつしお)旅館」に行ってみました!

IMG 0433
▲ 志摩歴史資料館の「糸島B面博物誌」、無事終了しました〜。

FullSizeRender4
▲ 予想を越える多くの方にお越しいただき大変感謝いたします。本当にありがとうございました!

ポストに投函していただいた感想にもあたたかいお言葉をたくさんいただき嬉しい限りです 感涙

あと、糸島B面マップにも大量の知られざるスポットがマッピングされていて驚きました。

まだまだ知らないところがたくさんあるものですね。こちらは順次巡っていきたいと思います。

P1060282
▲ で、今回の企画展の打ち上げをすることになったのですが、どうせなら「糸島B面博物誌」の中にも登場したレトロな旅館「初潮(はつしお)旅館」で!という話になり、昨日行ってきました。

[map addr=”福岡県糸島市二丈鹿家1735−5″]
▲ 初潮旅館 住所:福岡県糸島市二丈鹿家1735−5

P1080884
▲ 玄関の名札が「糸島B面御一行様」になってて笑ったな〜!

以降、旅館の方からは「B面様」と呼ばれてました 笑

FullSizeRender
▲ 旅館の中はこんな感じです。まさに昭和!↑この写真、特に加工したりしていないのですが、1970年に撮影しましたと言っても信じちゃいそう。

初潮旅館は来年で60周年を迎えるという老舗旅館です。

この近辺はかつては新婚旅行のメッカと言われるほど旅行客が多く、たくさんの旅館やホテルが雨後のたけのこのように建てられたのだそうです。

しかしバブル以降はその数も減り、バタバタと姿を消していく中、ここ初潮旅館はず〜〜〜っとマイペースに営業を続けているわけです。

FullSizeRender2
▲ 長い歴史があるから、これほど落ち着ける空間は県内でもココ以外ないのでは??という懐かしすぎる雰囲気です。

FullSizeRender3
▲ この床の柄がそう感じさせるのかな〜。

FullSizeRender7
▲ 今回準備していただいた部屋がこちら。

はじめてきたはずなのにそう感じさせないのはなぜなのか!

おそらく全日本人がDNAレベルで落ち着ける空間造りがノウハウとして蓄積されているんだろうな。

ちなみに窓の外は180度パノラマオーシャンビュー。夜なので真っ暗で何も見えませんでしたが 笑

でも波の音がダイレクトに聴こえてきて良いBGMになってました。

P1080957
▲ 料理はもちろん海の幸が中心。卓上が玄界灘や〜〜。

さすが創業60年の老舗とあって手際の良さがスゴイ。

絶妙なタイミングで料理が揃い、気分が高まります。

P1080961
▲ 鯛の煮付け。ウマすぎる・・・。

P1080953
▲ 鯛の刺身。新鮮な鯛料理がたっぷり!

それもそのはず、実は糸島市は天然鯛の漁獲量が日本一なんですよ!

P1080954
▲ そして、やっぱりイカでしょう!

P1080966
▲ イカソーメンスタイルで一気に!

P1080968
▲ 天ぷらもサクサクで最高。

P1080971
▲ 理想的な柔らかさの茶碗蒸し。

P1080974
▲ 煌(ファン)がビン!初めて見た!

P1080984
▲ 栓抜きもレトロ!

P1080991
▲ 飲み物はこれで運ばれてきました。

使い込まれすぎて角が丸くなっています。

P1080952
▲ エビもサザエも刺し身もすべてが大満足です。

P1080978
▲ そしてラストは白ご飯とアサリ汁。

P1080979
▲ それを先ほどの鯛の刺し身でお茶漬けに。幸せとはこの事。

FullSizeRender4
▲ ちなみに宿泊でなく食事だけの利用でもお風呂に無料で入ることができるそうですよ!

FullSizeRender5
▲ 極楽は糸島にあったね。

IMG 2640
▲ オーシャンビューのお風呂もあるみたいですよ。(写真はパンフレットより)

今度行ったときは入ってみよう!

FullSizeRender6
▲ 食事を楽しんだら次の楽しみはお土産!

P1080941
▲ カウンターのショーケースの中には玄界灘の名産品の他、各種お土産が多数。

お土産だけでも立ち寄って大丈夫らしいですよ。

P1080918
▲ 糸島土産「磯の香 のり」。糸島産の生海苔を糸島のミツル醤油で炊き上げたもの。

P1080919
▲ 玄海漬、鯨の軟骨の粕漬だそうです。どんな味なんだろう!

P1080949
▲ 松原おこし。唐津が近いこともあり、唐津土産も多かったです。

P1080944
▲ イチオシなのがこちらの初潮旅館オリジナル「しょうがせんべい」。

P1080959
▲ 「初潮旅館」の名入り。甘くてちょっぴりショウガ風味。

マストバイアイテムです。

P1090003
▲ レトロレトロと騒いでいたらこんなモノを見せてもらいました。

昔人気があったアイス「宝石箱」の販促用スプーン入れ。これはレアですね〜!

P1090006
▲ こちらはロイヤルアイスクリーム。

レトロマニアが歓喜するようなアイテムが続々と!

P1080997
▲ 長年のノウハウがあるからスタッフの方々の気配りや接客もたいへん心地よかったです。

P1090022
▲ お見送りも最後まで・・・。

P1080887
▲ あともうひとつ、初潮旅館で忘れてはならないのがこちら。

なんと、年の半分ぐらい大衆演劇の劇場にもなっているんですよ!

糸島にこういう旅館があったとは知らなかったという人も多いのではないでしょうか。

FullSizeRender11
▲ 次回は2017年2月1日〜6月28日までとのことです。

観劇の鑑賞だけでも利用可能で料金は1,300円!安い!

しかも入浴もできるそうですよ!!

これは行くしか無いでしょう〜!

【初潮旅館】

住所:〒819-1642 福岡県糸島市二丈鹿家1735−5
電話:0120-824-015
facebook:https://www.facebook.com/hatsushio/

ぐる〜り糸島3
ぐる〜り糸島3
posted with amazlet at 16.12.23
聞平堂
文榮出版社 (2016-03-18)
売り上げランキング: 324,406

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
福岡を中心に九州各県のちょっと変わった観光スポットを日帰り旅行で巡っています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る