福岡のちょっと変わった観光・旅行案内(旧・Y氏は暇人)

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

福岡で一番古い時計屋に行けばチープカシオなどレトロな時計が買えるのか?→確認に行ってみた

IMG_3821

レトロな時計が欲しい!それなら福岡で一番古い時計屋に行けば買えるのでは?ということで探しに行ってみました。

Image001
▲ 突然ですが みなさん「チープカシオ」ってご存知でしょうか??

チープカシオとは1000円ぐらいで買えるカシオ製の安い腕時計のことです。

イメージとしては20〜30年前におじさんがつけていたような時計、もしくは小学生がお父さんからもらったような時計、といったところでしょうか。

IMG 3961
▲ そんな安い時計のチープなデザインが逆にイケてるということで若者を中心に大流行していて、チープカシオだけを取り扱う専門書まで出版されるほど。

IMG 3974
▲ かくいうわたくしも完全に流行に流される形で最近チープカシオを愛用しています。

とても気に入っているのですが、ひとつだけ納得いってないことがあります。

それは・・・当時モノではない!ということ。

IMG 3972
▲ このチープカシオはアマゾンで購入したものです。

つまりどういうことかというと、ごく最近製造されたものなわけです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

なんだか、最近オープンしたホーロー看板と日活映画のポスターをベタベタと壁に貼り付けた昭和”風”の居酒屋(ホッピーをやたらプッシュしている)みたいな「作られたレトロ感」がヤダ!!

どうせチープでレトロな時計を使うのであればガチに昔のヤツがいい!

そんな想いで日々を過ごしていたわけです。

IMG 9303
それである時、ふとひらめいたこと・・・それは・・・

古い時計屋、しかも福岡で一番古い時計屋に行けばガチでレトロな時計がざくざく眠っているのでは?!

誰にも発見されないままデッドストックの状態で昔の商品があるんじゃないか?そんなことを思いついたわけです。

でも福岡で一番古い時計屋ってどこ?!

IMG 3960
▲ いろいろと調べてみると、どうやら博多区住吉にある「幸田時計店」が福岡で最も古い時計屋のようです。

ということでさっそく行ってみることに。

IMG 3773
▲ 住吉神社のひょうたん池から150メートルほど南に進んだ場所に古い町家の雰囲気を残す一角が。

IMG 3775
▲ そこに大変レトロな佇まいで幸田時計店がありました。

IMG 3771
▲ ショーウィンドウの中に飾られているビーナスの振り子時計もいい感じ。これはレトロな商品が眠っているに違いない!

さっそく中に入ってみると・・・・










IMG 3891
うお〜!これは期待できそうだ〜〜!

IMG 3731
▲ あるある!レトロっぽいのが!消費税導入前のが!

IMG 3734
▲ いいね〜いいね〜!やはり一番古い時計屋に行けばガチでレトロな時計がざくざく眠っているというのは間違いではなかった!

IMG 3880
▲ どんな商品があるのか、お店のご主人に尋ねてみましょう。

Y氏

「すいませ〜ん・・・」


幸田さん

「はい、いらっしゃい」


Y氏

「あの〜、カシオの古い腕時計を探しているのですが・・・」


幸田さん

「あ〜カシオね〜、ごめんね、ウチはカシオはあつかっていなんですよ」


Y氏

「え?!そうなんですか!?」


幸田さん

「カシオは他の時計とちょっと構造が違っているからね〜。ウチではあつかわないんですよ。カシオを入れてない時計屋ってけっこう多いんですよ」


Y氏

「そうだったんですね・・・」


幸田さん

「でもセイコーの時計ならありますよ。ウチはセイコーがメインですから。ただ、あなたの好みに合うかどうか・・・」


IMG 3732

Y氏

「↑ おぉ!このへんのやつですね!かなりいい感じです!」


幸田さん

「いや、でもデザインも古〜い時計ですよ。新しいデザインのほうが若い人は好きでしょう?」


Y氏

「いや、むしろこういう感じのものを探しているんです!」


幸田さん

「あなた変わった人やねぇ〜」


Y氏

「いえいえ、今こういうのが流行っているんですよ。探しに来る人も多いんじゃないですか??」


幸田さん

「いや〜、そういう人は初めてやね。じゃあこんなのはどう??」


IMG 3733

Y氏

うぉ〜!めちゃめちゃイイです!


幸田さん

「こういうのが良いとね?じゃあちょっと出してみようか?」


Y氏

「はい!ぜひお願いします!」


IMG 3767

幸田さん

「ずいぶん昔のやつだから今はもうどこも売ってないかもね」


IMG 3743

Y氏

「カッコいいです!この絶妙な黄色がカワイイですね〜」


幸田さん

「つけてみていいですよ」


IMG 3742

Y氏

この小学生っぽさが最高です!気に入りました!『ALBA』と書かれていますがこれはブランド名ですか?」


幸田さん

「『ALBA』はセイコーが出してる時計ですよ。なのでモノはしっかりしてますよ」


Y氏

「そうですか〜、じゃあ品質も安心ですね。ちなみにこの時計はおいくらですか?」


幸田さん

「これはね〜、え〜っと、3500円」


Y氏

安っ!買います!


IMG 37322

Y氏

「↑あと、そこにあるやつも気になるのですが・・・」


幸田さん

「あら、こりゃ良い商品やね〜!こげな商品置いとったかね?あなた良いの見つけてくるね〜」


IMG 3744

Y氏

「これも絶妙なレトロ感がたまらないですね〜」


幸田さん

「でもこれ女性用だよ?」


Y氏

「いや、むしろそこが良いんです!」


幸田さん

「若い人の考えることは面白いね〜!笑 今日は良い日ばい!」


IMG 3752

Y氏

「↑この辺のキャラクターが入ったやつもカワイイですね〜」


幸田さん

「昔そういうやつが流行ったんですよ。こういうのも最近はもう売ってないでしょうな」


IMG 3861

Y氏

「↑ メガネもあるんですね!」


幸田さん

「これも昔のやつだから今の人が使うような新しいのはないですよ」


IMG 3866

Y氏

「いやいや、こういうブロウ型のメガネって今また流行ってるんですよ!ぜったい欲しい人たくさんいると思いますよ!」


IMG 3748

Y氏

「それにしてもずいぶん歴史を感じるお店ですね。いつぐらいからやっているんですか?」


幸田さん

「ウチは明治21年の創業ですので120年以上営業していますよ。日清戦争とか日露戦争より前です」


Y氏

「120年以上?!むちゃくちゃ歴史のある時計屋さんなんですね!」


IMG 3736

幸田さん

「うん、わたしのおじいさんが江戸時代に帆船を作る事業をやっていたのが元になっているんです。もともとは関東の方にいたのですが、長崎に行ったときに外国人から時計の修理方法なんかを習ううちに外国の懐中時計とか珍しいものを譲ってもらって、それを販売するようになったんです」


Y氏

「へぇ〜!当時時計を販売している日本人はいなかったでしょうね!」


幸田さん

「たぶん、いなかったでしょうね。それで時計に特化するようになって明治時代に中島町(今の中洲中島町)に時計屋を開いたんです」


IMG 3766

幸田さん

「↑当時ウチが出してた新聞広告もありますよ。ほら、『博多中島町』って書いてるでしょう?」


Y氏

「おぉ!ホントですね!イラスト付きで洒落た広告を出していたんですね」


幸田さん

「あと、キャナルシティの横にある古い高燈籠にもうちの名前があるんですよ」


IMG 4436

Y氏

「そうなんですね!昔の博多の店がたくさん書かれているやつですよね?たしか明治30年ぐらいに作られた・・・。あれにも名前があるんですね!」


IMG 3783

幸田さん

「『幸田時計舗』という昔の店の名前でのってますよ」


Y氏

「すごい!ホントに歴史があるんですね・・・」


幸田さん

「中島町のほうの店は昭和20年の空襲で焼けてしまったから今の場所に移転したんです。昔店があった場所は今では昭和通りの中央分離帯になってますよ。なのでわたしの戸籍は終戦後しばらく中央分離帯にあったんですよ 笑」


Y氏

「へえ〜 笑」


IMG 3768
幸田さん

「あと山笠の時計係もウチでしてますよ」


Y氏

「え?!山笠のタイムを計っているのは幸田さんだったんですか?!」


幸田さん

「うん、私と息子と孫、三代でやってます」


Y氏

「そうだったんですね・・・知らなかった!タイムを計っているのはストップウォッチなんですか?」


幸田さん

「ストップウォッチと懐中時計を使ってますよ」


Y氏

「それって見せてもらうこととかできませんかね・・・?」


幸田さん

「いいですよ」


IMG 3739

幸田さん

「金庫で保管してるからちょっと待ってね」


Y氏

「金庫で!やっぱり大切なものなんですね・・・」


IMG 3868
▲ そして小さな木箱の中から取り出されたのが・・・




IMG 3883
▲ こちらの時計!

Y氏

「これがその時計ですか!美しい!貴重な品ですね〜!」


IMG 3882

幸田さん

「息子たちはストップウォッチを使って、わたしはこの懐中時計を使っています」


Y氏

「ちなみにこれもセイコー製ですか?」


幸田さん

「そうそう、セイコーのやつです」


Y氏

「お〜、これはトリビアですね〜!山笠のタイムを計っているのはセイコーの時計!・・・ちなみにですが・・・・もしよろしければ触らせてもらうことはできませんよね・・・・?」


幸田さん

いいですよ


Y氏

いいんですか?!


IMG 3885

Y氏

「うわ〜なかなかこんな経験できないですよね!ずっしりと重みを感じますね!いろんな重みを!」


幸田さん

「今は止まってますけど山笠の時期にだけ動かしているんですよ」


Y氏

「いや〜ほんとに貴重なものまで触らせてもらってありがとうございました!」


IMG 3814

Y氏

「じゃあ時計はこの3本を買います」


幸田さん

「3500円と3000円と7000円だから13500円ね」


Y氏

「3本買っても普通の時計の1本分ぐらいの値段・・・嬉しいです」


IMG 3747

幸田さん

「電池が古くなってるのは交換しとくね」


Y氏

「なにからなにまでありがとうございます!」


IMG 3888

幸田さん

「電池が切れたり、バンドが傷んだりしたらまた来てよ〜使った後はちゃんとメンテナンスはせにゃいかんよ〜」


IMG 3777
▲ 商品を入れてもらった袋もレトロな感じで大満足!これも今では無いタイプのやつなんだろうなぁ。

IMG 3814
▲ どうです?このレトロチープな感じ!どれもかなり気に入りました!

IMG 3823
▲ チープカシオも良いけどチープセイコー(チープアルバ)も最高じゃないですか!

チープカシオは普通に買えますが、今回手に入れた時計は探してもなかなか買えないのではないかと思います。

型番をネットで調べてみても全く出てきませんし、けっこうレアなのかも?!

IMG 3880
▲ 幸田時計店、珍しい商品は置いているし、優しいご主人の歴史話は面白いし、とても楽しいお店でした。みなさんもぜひ行ってみてくださいね。

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
福岡を中心に九州各県のちょっと変わった観光スポットを日帰り旅行で巡っています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る