福岡のちょっと変わった観光・旅行案内

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

【太宰府】全長1.2kmに及ぶ人工の山 水城跡

大野城市から太宰府市にかけて全長1.2kmに及ぶ人工の山(土塁)、水城跡(みずきあと)があります。


大きな地図で見る
▲ 航空写真で見ると まっすぐに木が生い茂っている場所があります。


▲ この水城は飛鳥時代に唐と新羅からの攻撃を防ぐために造られた防衛施設の跡です。


▲ もともとはこの土塁の外側にさらに幅60メートル、深さ4メートルの堀があったのだそうです。写真右側の四角い穴は川から堀へ水を引き込むためのものです。


▲ また、水城には門も備え付けられていたそうで、門の礎石も発見されています。


▲ これだけ巨大なものが築かれるということは大宰府がとても重要視されてたということなのでしょうね。

ちなみに、それから約600年後の元寇の際には元寇防塁とともにこの水城も防衛のために修繕されたのだそうです。

太宰府紀行
太宰府紀行

posted with amazlet at 15.01.03
古都太宰府保存協会
海鳥社
売り上げランキング: 506,643

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る