福岡のちょっと変わった観光・旅行案内

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

【福岡市】長尾の名前の由来と旧海岸線(?)の下長尾八幡宮

城南区の長尾小学校横に下長尾八幡宮という神社があります。


大きな地図で見る


▲ この辺りはこんなに小高くなっていたのか、と思うほどちょっとした丘のようになっています。


▲ 拝殿。


▲ ハッキリとした由来のようなものは書かれていませんでした。


▲ 神社からの眺め。

ホント意外なほど小高い場所にあるんですね。

この下長尾八幡宮について調べてみると、下記のページをみつけました。

長尾自治協だより 第37号

これによると、昔はこの周囲は海が広がっており、油山からこのあたりにかけて長い尻尾のように丘陵地が伸びていたため「長尾」という地名がつけられたのだそうです。

確かにお隣の「片江」などの地名などもいかにも海っぽいです。


大きな地図で見る
▲ また、下長尾八幡宮東側のこのあたりは「しめの口」という呼び名があったのだそうです。

この「しめの口」は昔 船着場だったそうで、(海の安全祈願のため?)しめ縄を付けた柱があったためにそう呼ばれていたそうです。

もしかしたら船を固定させる縄をつけていたものなのかもしれませんね。


▲ 旧海岸線だと考えると少し小高い場所に神社が造られているのも納得できます。

それにしても、かつてはこの辺りまで海だったとは信じられませんね。

【参考文献】
長尾自治協だより 第37号

福岡県の歴史散歩
福岡県の歴史散歩

posted with amazlet at 14.11.16
山川出版社
売り上げランキング: 222,421

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る