福岡のちょっと変わった観光・旅行案内

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

【天神】東公園の日蓮聖人像だけじゃない!実は天神にも日蓮聖人の巨大な像が!

東公園の日蓮聖人像だけじゃない!実は天神にも日蓮聖人の巨大な像があるんです!

東公園の日蓮聖人像

P1110173
▲ 福岡市博多区の東公園にある日蓮聖人像

P1110141
▲ 明治37(1904)年に作られたもので、高さ約10メートル、重さ約74トンという巨大さ。奈良の大仏、鎌倉の大仏に次いで日本で三番目に大きい青銅製の像です。

P1110160
▲ ずっしりとした迫力と、金属で作られているとは思えないほどのしなやかさをあわせ持ち、見るものを驚かせます。

P1110162
▲ 日蓮聖人は日蓮宗 (法華宗) の宗祖で、元寇を予言して鎌倉幕府の北条時頼に危機に備えるように進言した人物。

そもそもなぜ日蓮聖人の像がここにあるの??という話ですが、元寇ゆかりの地でありながらそれを伝えるものが福岡にはないということで建てられた像です。

P1110150
▲ もともとの計画では北条時宗の像に日蓮聖人のパネルを埋め込んだものを建てることで話が進められていたのだそうですが、北条時宗によって日蓮宗が弾圧された歴史があり、日蓮宗の信者を配慮して最終的には日蓮聖人像とその隣に亀山上皇の銅像が建てられたのだそうです。

そんな東公園の日蓮聖人像ですが、実は天神にも巨大な日蓮聖人像があるとご存知でしたか??

天神の勝立寺

FullSizeRender2
▲ 巨大な日蓮聖人像があるのは天神4丁目の勝立寺

FullSizeRender5
▲ 勝立寺は冬至の日に「かぼちゃ大祭」が開催され、かぼちゃ料理が振る舞われていることで有名です。

その昔、博多の商人だった笹正兵衛が大阪に向かう途中、海難事故にあい、その際に海中からかぼちゃを持った毘沙門天が出現し、飢えずに生き延びることができたのだそうです。

帰ってきた笹正兵衛は勝立寺に毘沙門堂を建立し、参拝者にかぼちゃを振る舞うようになったのだそうです。

FullSizeRender4
▲ そんなわけで、お寺にはなんとも迫力のある毘沙門天が祀られています。福岡大空襲で周囲が焼け野原になったのにも関わらず、この毘沙門天だけは燃えなかったそうで、その力にあやかろうと多くの人が参拝に訪れているそうです。

FullSizeRender7
▲ 毘沙門天の前には黄金のかぼちゃが!これはご利益ありそう!

勝立寺の日本一の日蓮聖人像

FullSizeRender11
▲ そしてこちらが巨大な日蓮聖人像。ちょっと伝わりにくいですがかなりデカイです!

FullSizeRender6
▲ この力強い表情!かぶっている頭巾が迫力を倍増させている気がしますね。

FullSizeRender3
▲ この天神の日蓮聖人像は、日蓮の木造坐像としては日本一の大きさだそうです。

FullSizeRender
▲ 確かに日蓮聖人の木造坐像は他のところで何度か見たことがある気がしますが、これほど巨大なものは初めて!天神にこれほど巨大な像があるとは知らなかったな〜!

参拝してみたいという人はお寺のほうに相談してみてくださいね。

東公園の日蓮聖人像へのアクセス方法


▲ 東公園の日蓮聖人像の住所は「福岡県福岡市博多区東公園7−12」です。JR吉塚駅から徒歩3分、地下鉄箱崎線「馬出九大病院前」から徒歩3分の場所にあります。問い合わせ先:日蓮聖人銅像護持教会 092-651-1259

勝立寺へのアクセス方法


▲ 勝立寺の住所は「福岡県福岡市中央区天神4丁目1−5」です。赤煉瓦文化館の向かい側にあります。

勝立寺ホームページ:http://shouryu-ji.com/

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る