福岡のちょっと変わった観光・旅行案内(旧・Y氏は暇人)

メニューを表示

福岡路上遺産

【馬出】千利休が茶会の時に釜を掛けた松が九州大学医学部のキャンパス内に?!

IMG_5464.jpg

千利休が茶会の時に釜を掛けた松が九州大学医学部のキャンパス内にあるとのことで見に行ってきました。

IMG 5474
▲ 九州大学医学部「基礎研究A棟」。

非常に歴史あるレトロな佇まいで素晴らしい建物です。昭和6(1931)年竣工とのこと。

[map addr=”福岡県福岡市東区馬出3丁目1−1”]
▲ 場所はこちら。福岡県福岡市東区馬出3丁目1−1

IMG 5454
▲ そんな基礎研究A棟の前にはさらに歴史の深いものがあります。

「利休釜掛の松」です。

IMG 5455
▲ 案内板によると、

天正15年(1587年)九州平定を終え筥崎宮に滞陣した豊臣秀吉は小寺休夢(福岡藩の藩祖黒田如水の叔父)らと和歌を詠じ、茶人の千利休や博多の豪商神屋宗堪らと茶会を催しました。その際、利休は秀吉の命によりこの地の松に鎖を吊るして雲龍の小釜をかけ、白砂の上に散り敷いた松葉を集めて湯をわかしたと伝えられています。

とのこと。

IMG 5456
▲ 秀吉は強力な島津を倒し、戦後処理のために九州にやってきていました。

IMG 5457
▲ もろもろ処理が完了したからか、その合間をぬってか、この地で茶会を開催しています。

IMG 5460
▲ 同席したのは小寺休夢という黒田官兵衛(如水)の叔父にあたる人物。

小寺休夢は秀吉の御伽衆(相談役や参謀のようなもの)として仕えていたのでここに同席していたようです。

IMG 5464
▲ 釜を掛けた松が実際に残っているのかどうかは不明ですが、この地に秀吉や利休がいたと思うとちょっと感動。

IMG 5468
▲ こんな感じで松の枯れ葉を集めて火をつけたんですね。

ちなみに屋外で開催される茶会を「野点(のだて)」と言うそうですが、この場所で開催された茶会がルーツになっていると言われているのだとか。

IMG 5461
▲ 碑は利休が訪れてから300年を記念して建てられたもののようです。

IMG 5470
▲ 裏には明治23年の文字が。

この釜掛の松は「へうげもの」という古田織部を主人公として描いた漫画にも出てくるのだそうですよ。読んでみようかな。

へうげもの(1) (モーニング KC)
山田 芳裕
講談社
売り上げランキング: 16,921

IMG 6925
▲ ちなみに千利休ゆかりのものは他にもあります。

筥崎宮にあるこちらの石灯籠は千利休が寄進したものだと言われています。※但し普段は非公開

IMG 5038
▲ もう一つが恵光院の中にある燈籠堂。

IMG 5044
▲ この灯籠堂でも利休は秀吉、博多の豪商 島井宗室・神屋宗堪を招き茶会を開催しています。

元々筥崎宮内にあったのだそうですが、明治時代の神仏分離際にここに移されたのだそうです。

あまりゆかりが無いように思えますが、意外と福岡市内にも千利休関連のスポットがあるのですね。

【参考サイト】
福岡よかとこ.COM「野点発祥の地」 福岡市東区 利休釜掛けの松
筥崎宮と千利休|ROCKYの歴史の散歩道

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
福岡を中心に九州各県のちょっと変わった観光スポットを日帰り旅行で巡っています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る