福岡のちょっと変わった観光・旅行案内(旧・Y氏は暇人)

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

【六本松】古地図から江戸時代の馬の訓練場跡を発見

古地図から江戸時代の馬の訓練場の痕跡が残っている場所をみつけました。

EPSON013
▲ 「福岡城下町・博多・近隣古図」の六本松付近を見てみると、縦に一本太い道筋があり、その周囲には「御馬屋」「馬場頭」など「馬」に関連する文字や施設が描かれています。(※ 地図は「古地図の中の福岡・博多―1800年頃の町並み」【海鳥社 宮崎 克則、福岡アーカイブ研究会 編】より引用)

この太い道筋は馬の訓練や品評会のようなことを行っていた「追廻馬場」です。

スクリーンショット 2015 11 22 6 24 59
▲ 先ほどの古地図の範囲を現在の地図で見てみるとこのあたり。

スクリーンショット 2015 11 22 6 24 59 のコピー
▲ 古地図と照らしあわせてみると、追廻馬場はこの位置にあったことになります。

現在の国体道路から護国神社を抜け、202号線に至っています。

一見、追廻馬場は跡形もなく消滅しているように思えますが、実は一部分が現在でも残っています。

それが・・・・

スクリーンショット 2015 11 22 6 07 50
▲ この角。

スクリーンショット 2015 11 22 6 08 28
▲ 拡大してみます。この中央の三角形の土地が追廻馬場の角の部分のなごりなんです。

EPSON013 のコピー
▲ もう一度古地図で見るとこの角ですね。

IMG 0208
▲ その場所は現在「トートサイクル」という自転車屋さんがある建物と、

IMG 0259
▲ 「古賀工業(株)」がある「古賀ビル」になっています。

この場所の道、なんだか不思議な感じがするなと思っていたら馬場の跡だったのですね。

それにしても見事に三角形!

EPSON013
▲ もしかしたらこの追廻馬場で歴代の黒田家殿様が馬を鍛錬したり品評したりしていたのかもしれませんね。

【参考文献】
黒田家ゆかりの馬具と馬術書

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る