福岡のちょっと変わった観光・旅行案内(旧・Y氏は暇人)

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

【天神】医療をコンセプトとしたカフェ「サナトリウム」の不思議空間を体験しよう!

sanatorium11.jpg

不思議博物館の天神分室が誕生!医療をコンセプトとしたカフェ「サナトリウム」の不思議空間を体験しよう!アクセス方法や見どころを解説します。

不思議博物館の分室「サナトリウム」のアクセス方法


▲ 不思議博物館の分室「サナトリウム」の住所は「福岡県福岡市中央区天神3丁目3−26」です。

最寄り駅は地下鉄空港線の「天神」駅です。天神地下街の「西1」出口(フタタに直結しているところ)から出ると牛丼チェーンの「松屋」があります。松屋の裏にパチンコ屋があり、パチンコ屋の隣のビルの3階がサナトリウムです。1階はパチンコ屋の景品交換所、2階はバーになっています。

そもそも不思議博物館って?

IMG 2005
▲ 不思議博物館とは那珂川町にあるちょっとヘンな私設博物館。造形作家である角孝政さんの不思議な作品が展示されていて、知る人ぞ知る福岡の珍スポットになっている場所です。

そんな不思議博物館の分室が天神にオープンしたのだそうです。

不思議博物館の詳細はこちら→http://y-ta.net/wonder-museum/

サナトリウム内部へ潜入!

Sanatorium8
▲ こちらがサナトリウムの外観・・・。怪しすぎるだろ・・・。人体模型が窓から外を眺めています。

IMG 0618
▲ ビルの入口にあった看板。これが目印です。看板横の階段から上に上がります。

IMG 1758q
▲ 3Fまで登ると不思議博物館も運営している角館長が出迎えてくれました。

不思議子ちゃん

Sanatorium1
▲ そしてスタッフの「不思議子ちゃん」も登場!サナトリウムとは結核患者など長期的な療養を必要とする人のための医療施設のこと。不思議博物館本館は何でもありのカオスな空間でしたが、分室のほうは病院風の白を基調とした内装で統一されています。

不思議子ちゃんが着用しているナース服はは第一次世界大戦中のドイツの従軍看護婦をモチーフとしたものだそうです。本格的です。

館内の展示物

Sanatorium3
▲ 人体模型など医療関係のものがズラリと陳列されています。実際に使用されていた医療器具や戦前の病院の備品など貴重な品々が並んでいます。

Sanatorium7
▲ サナトリウムは席が2列に配置されているので、お客さん同士のコミュニケーションも取りやすいオープンな雰囲気です。全然知り合いでもなかった人がこの店で友達になることも多いそうですよ。

Sanatorium2
▲ 不思議博物館の本館同様、館長の作品もたくさん展示されています。この虫のようなものはシラミをモチーフとした作品。「携帯用シラミ」だそうで、いつでもどこでも好きな時にシラミを鑑賞できるとのことです・・・笑

IMG 1775
▲ こちらは「トネリコ」という作品。不思議博物館のほうにもいましたが、こちらではナース姿。

カフェメニュー

Sanatorium4
▲ 提供されるフードメニューも膿盆(のうぼん)と言われる医療器具に盛りつけられていたりして見た目にもインパクト大。写真は「ホムンクルス」というゼリー。試験管の中で猫が生成されている状態をあらわしているそうです。

Sanatorium5
▲ フードメニューは時期によっていろいろ。この日は病院っぽいおかゆでした。

IMG 1790
▲ アルコール類も充実。あと、バリウムを模したバナナセーキもあります。バリウムはかなり美味しいので人気メニューとのこと。

グッズコーナー

Sanatorium10
▲ グッズの販売もありました。こちらは注射器型のボールペン。サナトリウムの名入りです。

Sanatorium9
▲ 角館長オリジナルの「根カップ」。それぞれ形が違う一点モノなので価格は5,000円〜8,000円と、そこそこ良いお値段。でもカッコイイので欲しくなります。

Sanatorium6
▲ 肺や胃腸のクッキーもありました!食べたいような食べたくないような 笑

ギャラリースペースとしても

Sanatorium3
▲ 店内はギャラリースペースにもなっていますので定期的に作品展なども行われています。展示内容も食虫植物・金魚・昆虫・江戸川乱歩などなど、不思議な世界観のものが多いです。サナトリウムのホームページに作品展の告知がありますので、行く前にチェックしてみましょう。

まとめ

Sanatorium1
▲ 他では体験できない不思議な空間だった不思議博物館分室サナトリウム。天神の中心部にありアクセスもいいので出かけたついでに立ち寄ってみてくださいね。怪しいですけど入ってみるとぜんぜん怖くないです!

Q & A

店内は撮影OK?
不思議子ちゃんと来店中のお客さん以外は撮影OKです。ただし、作品展によっては撮影できなものもあるそうなので、一応スタッフさんに聞いてから撮影するようにして下さい。ちなみに館長は”フリー素材”なので撮影自由らしいです。
不思議子ちゃん、館長はいつもいる?
不思議子ちゃんは日替わりです。誰がいついるかは不明とのことですが、誰かは必ずいます。館長は不定期で、いたりいなかったりするそうです。
人は多い?
土日祝日の昼は人が多いです。平日、休日ともに夜は比較的空いています。
近くに他の立ち寄りスポットはある?
レトロな建築物の赤煉瓦文化館(福岡市文学館)、公会堂貴賓館などがあります。ショッピングができる商業施設はたくさんあります。

【不思議博物館分室 サナトリウム】

Sanataitor

HP:http://bu9t-sm.wixsite.com/html/blank-1
住所:〒810-0001 福岡市中央区天神3-3-23 佐伯ビル3階
電話:092-791-5477
営業時間:12:00〜22:00
店休日:水曜日
サナトリウムTwitter:@of_sanatorium
館長Twitter:

【関連記事】

【クマムシ / メイド / クソゲー】不思議博物館に行ってきました

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る