福岡のちょっと変わった観光・旅行案内(旧・Y氏は暇人)

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

【鹿児島】洞窟資料室・西郷隆盛像・売り子の講談がグイグイ来る おみやげセンター「せごどん」

西郷隆盛洞窟横にあるおみやげセンター「せごどん」がいろいろすごかった・・・。

IMG 5250
▲ 西郷隆盛洞窟は西南戦争の際に西郷隆盛が最期の5日間をすごした場所です。

IMG 5256
▲ 洞窟の周囲には柵が作られていて中に入ることはできませんが、当時は周囲は木々に囲まれた山の中にひっそりとあったのでしょう。

IMG 5252
▲ 案内板にはこう書かれていました。

明治10年(1877)9月24日、午前4時政府軍の城山総攻撃が始まった。城山に立てこもる薩軍兵士は、わずか300余。これを囲む政府軍は何重もの柵を回らし、その数4万。死を決した西郷は夜明けを待って、5日間すごした洞窟を出た。桐野利秋、別府晋介、村田新八、池上四郎といった私学校の幹部たちも一緒です。この日の西郷の出立たちは妻のイトが縫った縞の単衣に白い兵児帯(へごおび)。ゆっくりと岩崎谷を下る。その時流弾が西郷の腰に命中。別府の介錯をあおいで49歳の生涯を閉じたのです。
 西南戦争というのは、不平士族の反乱のあいつぐ中、西郷を慕う私学校の生徒たちが、政府の挑発によって引き起こした暴動が始まりです。首謀者の引き渡しか全面戦争か、その結論を出したのは「おはんらにやった命」といいう西郷の一言でした。2月15日、ついに挙兵。熊本で政府軍と激しい攻防をくりかえすも、近代兵器のまえに敗退。7ヶ月にわたる大乱の最後を、西郷は故山城山で迎えたのです。

IMG 5259
▲ この西郷隆盛洞窟の横にはおみやげセンター「せごどん」というお店があります。

IMG 5245
▲ ショーウィンドウには陶器や置物が陳列されています。隣には巨大な西郷隆盛像が。

IMG 5223
▲ 高さ7メートルほどで迫力があります。

IMG 5224
▲ さらにその横に「目で見る西南戦争始末記 三十六景展示場」というものがありました。

「この洞窟の中にあります。ご自由にお入り下さい。」とのことでみてみることに。

IMG 5226
▲ 薄暗くてひんやりとしています。

IMG 5229
▲ 途中には西郷さんが潜伏していました。なぜかちょっと笑顔。

IMG 5230
▲ 洞窟を置くに進むと西南戦争の様子が描かれた作品が展示されていました。

IMG 5231
▲ この展示室はインディーズに作られた施設資料館のようですが、おみやげセンター「せごどん」の人が作成したものなのでしょうか。

IMG 5235
▲ 妙な情熱を感じられていいですね。

IMG 5244
▲ 横のおみやげセンターにも行ってみました。

IMG 5249
▲ 撮影はNGということですので外からの様子を。

西郷隆盛関連グッズから鹿児島のおみやげ、あとは全く関係ないものまで色々と販売されていて楽しいです。

中に入ると間髪入れずに売り子さんの講談が始まります。

店の奥には写真資料がたくさん展示されていて、棒を使って解説してもらえます。

いわゆる「フルベッキ群像写真」を維新の志士達の集合写真だとする説をそのまま採用したものでした。

IMG 5400
▲ 講談につられて書籍を2冊購入。

IMG 5401
▲ あと、なぜか売り子さんに猛プッシュされた桜島の灰で作られた西郷隆盛の人形。こちらもグイグイ来るのでつい購入。

IMG 5402
▲ 西郷隆盛が飼っていた犬の「ツン」の人形もあり、これまた猛プッシュされたのですがこれは何とか回避。

IMG 5245
▲ 洞窟資料室・西郷隆盛像・グイグイ系の売り子の講談など、いろいろと面白いおみやげセンター「せごどん」。いろいろと楽しいです。

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る