福岡のちょっと変わった観光・旅行案内(旧・Y氏は暇人)

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

【福岡市】西新にある黒田藩の焼物を作っていた窯跡

西新にある浦賀神社付近は江戸時代、黒田藩の焼物を作っていた場所なのだそうです。


▲ 中西商店街を西へ進み、


▲ 坂下青果というお店を左に曲がると、


▲ 少し小高くなった場所に神社が見えます。


▲ この階段を登った辺りに昔、焼物を作っていた窯があったのだそうです。


大きな地図で見る
▲ 地図でいうとこのあたりです。


もともとは直方にある鷹取山にて、黒田長政が朝鮮出兵の際に連れてきた陶工 八山に焼かせた焼物がルーツとなっています。

この焼物は黒田藩の御用窯として繁栄し、現在の朝倉郡でもつくられるようになり、その後 輝国あたりに移転、1700年代には現在の西新の「東皿山」と高取の「西皿山」に分けられたという流れのようです。


▲ この東皿山では幕府や諸侯に贈るための茶碗や置物を専門に作り、西皿山では庶民用の皿を作っていたのだそうです。

【参考文献】
Wikipedia 高取焼

筑前高取焼の研究 (福岡市美術館叢書)
福岡市文化芸術振興財団
売り上げランキング: 868,648

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る