福岡のちょっと変わった観光・旅行案内

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

きぐるみで温泉、新興宗教、UFO研究会・・・DEEPすぎるトンデモテレホンカードのコレクターに珍テレカを見せてもらった

きぐるみで温泉、新興宗教、UFO研究会・・・DEEPすぎるトンデモテレホンカードのコレクターに珍テレカを見せてもらってきました。深いです・・・。

IMG 7149
▲ 最近めっぽう使うことが少なくなった・・・というかほぼ使う機会がなくなったテレホンカードですが、今現在でもテレホンカードを集め続けている人がいるらしい・・・。

しかも普通のテレホンカードではなく、変なテレホンカード「トンデモテレホンカード」ばかりを集めるコレクターさんだそうだ。

それはぜひ見せてもらいたい!ということでその方にアポイントを取り見せてもらえることになりました。

IMG 5628
▲ 会場に選んだのは、珍品缶詰を食べることができる飲み屋「めでた屋」。

不思議な会合を行うにはピッタリの不思議なお店です。

DSC05758
▲ そしてこちらがそのトンデモテレカコレクターの みき かおろう さんだ。

Y氏

「みきさんはじめまして、今日は宜しくお願いします」


みきさん

「宜しくお願いします」


IMG 6904

Y氏

「こちらそのトンデモテレカのコレクションアルバムですね・・・」


みきさん

「はい、どうぞ見てみて下さい」


DSC05746

Y氏

「おぉ〜!とんでもない数のテレカが入っていますね〜!!」


DSC05654

DSC05730

IMG 6911

Y氏

「う〜ん、チラッと見ただけでもかなり香ばしいものがたくさんありますね・・・これがオススメみたいなものはありますか??」


DSC05677

みきさん

「これはすごく好きなんですよ」


Y氏

「これは・・・?」


みきさん

「何が訴えたいのか、何が写っているのかもわからないカードです」


Y氏

「お酒のおつまみみたいなのが中央に小さく描かれているだけですね・・・?」


みきさん

「こんなに小さく印刷して、これを作るのにもお金がかかってるはずなんですよ。これで一体何がしたかったのか不思議なんですよね。テレカはこういう謎なものがたくさん発行されているんです」


Y氏

「そうなんですね、テレカといえば例えば風景だったり芸能人だったり、そういうものばかりかと思っていました」


みきさん

「いや、むしろそうじゃないもののほうが多いですよ」


DSC05705

みきさん

「例えばこれとかも。『気のカード』とか『ウルトラ合格マン』とか調べてもよくわからないものがたくさん発行されているんです」


DSC05702

みきさん

「これなんて、きぐるみを着て温泉に入っていますから相当危ないですよね」


Y氏

「『ぼくたちが見つけた温泉においで』とか書いてますけど中に入っている人は暑くて地獄でしょうね 笑」


みきさん

「撮影する時にモメたんじゃないですかね 笑 『きぐるみで温泉ってどうなんですか?』って」


DSC05689

Y氏

「これは種付け馬?!なんで宝石店で?!」


みきさん

「種付け馬のテレカというのはそんなに珍しく無いです。見た目のインパクトもあるし、ちょっと面白いしということで定番なんです」


DSC05694

Y氏

「へぇ〜、お決まりみたいなものがあるんですね〜」


みきさん

「競馬の雑誌がシャレでよく出してたんです。それで他のところも真似したんでしょうね」


IMG 6915

みきさん

「あと名前が面白い店シリーズも好きですね。これは美容室『ボーズカット』」


Y氏

「おぉ!怖いですね〜!ボーズにしかしてくれなそう」


DSC05668

みきさん

「『イカス農地』という名前もいいですよね」


IMG 6917

Y氏

「この『やきとり大将』は全然やきとりっぽくないですね 笑 なぜブーケ?」


みきさん

「これは『モデルカード』と言われるものでフォーマットが決まっていて文字を入れ替えて作成するタイプのカードです。冠婚葬祭用、飲食店用、ゴルフ用など用途に応じたものがたくさん準備されていますけど、オーナーがあまりこだわらない人だった場合、やきとり屋なのにこういうデザインになっちゃったりするんです」


DSC05661

みきさん

「ほら、これとか・・・」


DSC05663

みきさん

「このへんは全部カクテルグラスの同じデザインでしょう?これもモデルカードを使ってるんです」


DSC05680

Y氏

「あれ?これは普通の芸能人のテレホンカードですね?」


みきさん

「いや、これはウルトラマンのポーズをしているからここに入れてるんです」


Y氏

「なるほど、そういう括りですね 笑」


みきさん

「上の酒井法子がウルトラセブンで下の松本恵がウルトラ水流っぽいですよね」


DSC05684

みきさん

「ところでこの酒井法子のカードには3つの穴が開いてるじゃないですか?これは直接NTTに持って行って電話料金を払い込んだ時につけられるものなんですよ」


Y氏

「ということはテレホンカードで固定電話とかの電話料金が支払えるということなんですか?」


みきさん

「そうです、払えます」


Y氏

「へぇ〜!それは知らなかったです!この穴からそんな情報までわかってしまうんですね」


みきさん

「ユーザーがテレホンカードで固定電話の料金を支払えるようにしてほしいと嘆願したことからテレホンカードでの支払いが可能になったそうです。ストイックに節約をしている主婦なんかはテレホンカードを安くで買って、それで電話料金を払っている人もいるみたいですよ」


Y氏

「それはあんまり知られて無いかもですね!」


DSC05669

Y氏

「テレホンカードって昔はどこでも売ってましたけど、コレクション用のテレホンカードってどこで入手してるんですか?」


みきさん

「コイン屋さんとか金券ショップで買ったりしてます。あとはテレカ収集協会会長の松田英孝さんがコレクションの対象にしていないものを譲ってもらったりとか」


Y氏

「テレカ収集協会というのがあるんですね?!」


みきさん

「はい、今はあんまり活動していませんが。テレカ専門の雑誌も昔はあったんですよ」


Y氏

「おぉ!雑誌まで!」


みきさん

「テレコレという雑誌なんですが私も雑誌にトンデモテレカの投稿をしたりしていて何度か載りましたね」


DSC05670

Y氏

「それにしてもスゴイ数ですけど、いったいなにがきっかけでこんなに大量に集めるようになったんですか?」


みきさん

「昔からいろんなものを集めていたんですが、切手とかコインは公(おおやけ)のところしか出しませんからそんなに変わったデザインというのは無いんですよ」


Y氏

「ユニークさとか笑いは少なそうですよね」


みきさん

「エラーものとかは時々ありますがでもテレホンカードほどのバリエーションは無いですよね。テレホンカードはある程度自由に出せますから変なデザインなんかも多くてコレクションとしても面白いんです」


DSC05672

Y氏

「確かにこういうちょっと怪しげなUFO研究会のなんてテレカぐらいしかなさそうですもんね」


DSC05686

みきさん

「そうですね、こういうのとかも」


Y氏

「おぉ!!これは杉山治夫じゃないですか!!こんなテレホンカード出してたんですね!怪しすぎる・・・これは激レアですね!」(→ YouTube検索 杉山治夫 / Wikipedia 杉山治夫


DSC05674

Y氏

「これは高かったみたいなのはありますか?」


みきさん

「いえ、高かったのは特に無いですね。私と同じようなトンデモテレホンカードというジャンルのコレクターというのはあまりいない、というか日本で1人かも・・・。それほどこれに価値を見出す人もいないので値段が高くなることは無いんじゃないですかね。いわゆる「ゴミクション」というやつですね。でも同じジャンルの人がいないということで孤独感はありましたが 笑」


DSC05692

Y氏

「そうですね・・・笑 こういうのに価値を見いだせる人というのはそうそういないかもですね 笑」


みきさん

「これも変なテレホンカードですよね。『祝卒業』と書かれているのにどう見ても先生が写ってますからね」


Y氏

「これをもらった生徒も複雑な心境だったことでしょうね・・・笑」


DSC05765
▲ 一枚めくるごとに数々のトンデモテレカが・・・。

DSC05697

Y氏

「ホールインワンと書かれたテレホンカードもたくさんあるんですね」


DSC05698

みきさん

「そうなんです。昔はホールインワンをしたらテレカを作ってみんなに配るという文化があったのでホールインワンモノもけっこう多いんですよ」


DSC056977

みきさん

「ホールインワンテレカにはホールインワンをした回数が書かれているんですが今のところ1回〜5回まで発見しています」


Y氏

「そこまで行くとさすがにマニアック過ぎますね 笑」


DSC05708

みきさん

「ちなみにこのテレカの右下にある二本の線の意味って知ってますか?」


Y氏

「あ、そういえばテレカにはこういう線が入ってますね。考えたことなかったですがどういう意味があるんですか??」


みきさん

「これは二本が50度、三本が105度をあらわしているんです」


Y氏

「へぇ〜!あることは何となく知っていましたがそんな意味があったんですね」


DSC05709

みきさん

「元々この線は表面にあったんですがデザインに影響するということで裏面に変更されているんです。なのでこの線が表面にあるか裏面にあるかで発行された時期が古いものなのか新しいものなのかがわかるんです」


Y氏

「なるほど。知れば知るほど深いですね」


DSC05727

Y氏

「あ!これは!」


みきさん

「アップルのテレカですね」


Y氏

「今では携帯電話の革命を起こしたアップルもテレホンカードを発行していたとは・・・これまたレアですね」


DSC05657
▲ めでた屋のマスターも食い入るようにコレクションを眺めていた。

DSC05724

Y氏

「笑えるものから何コレ?!というようなデザインまでいろいろあって面白いですね」


みきさん

「そうですね、ホントに様々なバリエーションがありますからテレカからこれ何だろう?と調べていろいろ勉強させてもらいました」


DSC05732

みきさん

「小さい店舗というのはオーナー1人とかでやっているでしょう。だから『これで大丈夫ですか?』って止める人がいないから面白いデザインが多いんですよね」


DSC05734

Y氏

「こういうテレホンカードってどれぐらいの価格で買っているんですか?まったく相場が読めないですが」


みきさん

「モノによってまちまちですが、大量に仕入れてそこから好きなモノを抜いて残りを別のコレクターさんなんかに売ったりしています」


DSC05739

Y氏

「テレカは使用済みのものを集めているんですか?」


みきさん

「そうです、ほぼすべて使用済みです。お金持ちの上級コレクターは未使用にこだわったりする人もいますが私のコレクションの場合は特にそれにこだわりは無いですね」


DSC05740

Y氏

「みきさんはテレカ以外にもなにかコレクションしているんですか?」


みきさん

「有名人のサインもコレクションしています」


IMG 6927

みきさん

「『と学会』というトンデモ本やトンデモ物件の研究会に所属しているのですがその会報にコラムを書かせてもらったこともあります」


IMG 6930
▲ 会報にはみきさんがコレクションしたサインが大量に掲載されていた。

Y氏

「これだけたくさんのサインを集めるのって大変なんじゃないですか?」


みきさん

「そうですね、でも意外と簡単に手に入れられる人もいますよ。例えば美輪明宏とか。古本屋でちょっと探すとサイン本が見つかりますよ」


Y氏

「そうなんですね・・・サイン本が売られてしまうというのもなかなか複雑ですね・・・」


IMG 6914
▲ あまりのボリュームに全てを紹介することができませんが、まだまだ大量に変なテレホンカードを見せてもらいました。

DSC05686
▲ ある人にとっては全く価値の無いものでも、こうやってスポットライトを当てることで価値あるものに変わっていくんですね。

IMG 6923
▲ ちなみに帰りに古本屋に立ち寄って本当にサイン本が見つかるか探してみました。

IMG 6925
▲ 美輪明宏コーナーを探ってみると・・・

IMG 6926
2冊も見つかった!!!ちょっと複雑な心境だけれども。

みきさんの言ってたことは本当だったんだ・・・。

今度から古本屋に行ったときはサイン本がないか探してみよう。

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る