メニューを表示

【京都の絵葉書】天橋立「股のぞき」

大正9(1920)年ごろと思われる天橋立「股のぞき」の絵葉書。

股のぞきの絵葉書は戦前戦後に関わらず数多く発行されているが、舞妓さんが着物をまくりあげてのぞいているものがほとんどだ。

それに対してこちらは男性で、しかもなかなか大胆な構図である。

股のぞきの中にさらに股のぞきをしている人がいて入れ子構造になっている。

しかも、なぜか股引き(ももひき)のような格好だ。



Y氏(山田全自動)
Y氏(山田全自動)
Twitter facebook
福岡でブロガー/イラストレーター/執筆業などをしながら自由気ままに暮らしています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る