福岡のちょっと変わった観光・旅行案内などを紹介

メニューを表示

【筑紫野】五郎山古墳にて古代アートに触れる

いや〜、これは行ってよかったです!二日市に行く用事がありましたので少し足をのばして前々から気になっていた筑紫野市原田にある五郎山古墳に行ってみました。[map addr=”福岡県筑紫野市原田3丁目9−5”]
▲ 福岡県筑紫野市原田3丁目9−5

場所はこちら。ちなみに「原田」と書いて「はるだ」です。「はらだ」ではありません。

前原(まえばる)とか檜原(ひばる)とか塩原(しおばる)とか「原」を「ばる」と読むのは九州独特ですね。

これは朝鮮語で「原」を意味する「ボル」という言葉が語源になっているのだとか。へぇ〜!

・・・それはさておき、五郎山古墳。

現在、古墳周辺は五郎山公園として整備されています。

IMG 8461
▲ 公園全景。こんもりとした小山です。

IMG 8459
▲ 五郎山公園入口。ここから階段を登っていきます。微妙にきついです。

IMG 8446
▲ 山頂にあるこれが五郎山古墳です。直径 約35m。円墳としては福岡市では最大級。

IMG 8451
▲ こうして古墳から景色を見てみるとそこそこ高さを感じます。

古墳の発見者はこの土地を所有していた山内さんという方。

山内さんは父親からこの土地に古墳っぽいものがあるという話を聞かされていたそうです。

1947年(昭和22年)、山内さんが土が凹んでいる場所を見つけたので掘ってみたら石室が見つかり、正式に古墳であることがわかったのだそうです。

IMG 8442
▲ 石室の断面図。

発見当時、石室内はすでに盗掘にあっていた様子で、わずかな人骨と器が見つかっただけだったそう。

しかしです!この古墳には他の古墳にはないスゴイ特徴があったのです!

IMG 8430
▲ それは古墳に隣接しているこちらの五郎山古墳館で見ることができます。

IMG 8385
▲ 五郎山古墳館内にある石室を再現した部屋。

何から何までそっくり再現しているそうです。小さな石の大きさも全く同じなのだとか。

IMG 8387
▲ この中を懐中電灯を持って入り、じっくり観察することができます。暗いです。

入口部分はほぼ四つ這いにならないと入れません。

IMG 8404
▲ 少し進むと、まず小さな小部屋があります。

ここはお供え物をするスペースだと考えられているそうです。

そこからさらに奥に進むと・・・・





IMG 8390
▲ 壁面に何かが見えます・・・。







灯りを照らしてみると・・・・






IMG 8391
▲ これは!岩にたくさんの人や動物が描かれています!

そう、五郎山古墳は装飾古墳と言われる珍しいタイプの古墳なのです。

古墳は全国でおよそ16万基あるとされています。そのうち装飾古墳はたったの600基。レアです。

ちなみに600基のうちおよそ半数が九州、特に熊本に集中しています。

IMG 8397
▲ 描かれているのは人、動物、船など様々です。

一番左の二重丸は太陽、その右下はスカートのようなものを履いた人物。

その右上の手を上げた人物は力士だと考えられているそうです。確かに四股を踏むポーズに似ています。

以前、「住吉神社にある古代力士の姿を表した像」でチラッと紹介した原山古墳の力士の埴輪に似ています。

壁画の力士らしき人物は赤い靴を履いていますが、原山古墳の力士の埴輪も靴を履いています。ポーズも同じですし何かと共通点が多いのは興味深いです。

そして力士の下は馬に乗り弓をひく人物。緑色の四角は旗でしょうか。

IMG 8396
▲ こちらは船で、黒い点は星空だと考えられているそうです。

IMG 8398
▲ 船っぽいものがたくさん描かれています。水運が発達していたのでしょうかね。

IMG 8402
▲ 臼(うす)のような形のものは弓矢を入れる道具だと思われ、かなり大きく描かれています。このことから弓矢がよほど重要視されていたことがわかります。

IMG 8394
▲ ここに入っていると、これを描いた人は何を伝えたかったのだろう?と不思議に思えてきます。

一つ一つが何を意味するのか、空想が膨らみます。

でも案外意味はなかったりするのかもしませんね。

自分も部屋の壁紙を選ぶ時にわざわざ意味を考えたりしないように、古代人に聞いてみたらなんとなくノリで・・・と言われるような気もしなくもないです。

IMG 8391
▲ いずれにしても古代のアート、なんとも言えない柔軟さと味わい深さを感じますね。

硬くなった頭が柔らかくなるような気分です。

IMG 8406
▲ ちなみに、絵を描くのに使われたのは

赤:ベンガラ(酸化鉄)
緑:海緑石
黒:木炭

だそうです。

五郎山古墳館ホームページ
http://www.city.chikushino.fukuoka.jp/furusato/kofunkan.htm

「考古学」最新講義シリーズ 装飾古墳の世界をさぐる
大塚 初重
祥伝社
売り上げランキング: 146,346
ふくおか古墳日和
ふくおか古墳日和

posted with amazlet at 15.04.21
吉村 靖徳
海鳥社
売り上げランキング: 632,863
Y氏(山田孝之)
運営:Y氏・山田全自動
(山田孝之)
facebook Twitter
Y氏・山田全自動こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。2019年3月からはやや雑記ブログに方針転換しました。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る