メニューを表示

【北海道の絵葉書】函館蓬莱町の看板建築

函館蓬莱町の絵葉書(昭和10年代)。

キャプションに「復興を急ぐ花街蓬莱町」と書かれている。

おそらく昭和9(1934)年の函館大火直後のものと思われる。

右側に見事な看板建築が見える。

看板建築とは、簡単に言うと表面だけコンクリートなどで装飾した建物で、一見するとコンクリート造の立派な建物に見えるが、実際には木造という建造物である。

看板建築の歴史を調べてみると、大正12(1923)年の関東大震災で崩壊した東京の街並みを復興する際に、鉄筋コンクリート造で建てるだけの資力がない中小規模クラスの商店が表面をだけをコンクリートで固めて建てたのが始まりとされる。

函館大火の復興においても、これを参考にして看板建築が建てられていたのかもしれない。



Y氏(山田全自動)
Y氏(山田全自動)
Twitter facebook
福岡でブロガー/イラストレーター/執筆業などをしながら自由気ままに暮らしています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る