メニューを表示

【高知の絵葉書】帆の代わりに傘を設置した帆傘(ほがさ)船

高知県、浦戸湾の帆傘(ほがさ)船の絵葉書(昭和初期)。

帆傘船は傘を帆の代わりに設置した船。

傘は日よけとしても使えるようになっていたという。

なかなかの優れものだ。

昭和初期までは浦戸湾の名物として知られていたそうだ。

見た目の面白さから遊覧船のようなものかと思ってしまうが、網を持って帆傘船に乗っている絵葉書もあるので、漁に出る船としても使われていたようである。



Y氏(山田全自動)
Y氏(山田全自動)
Twitter facebook
福岡でブロガー/イラストレーター/執筆業などをしながら自由気ままに暮らしています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る