メニューを表示

明治〜昭和初期にかけて全国を回っていた「生大黒天」

明治〜昭和初期にかけて全国を回っていた「生大黒天」の絵葉書。

不気味なほど精巧にできた大黒天像だと思ってよく見ると「生国兵庫県淡路島年齢七十歳」と表記されている。

調べてみると井谷茂三郎という人物で、明治〜昭和初期にかけて「生大黒天」として全国を興行して回っていたそうだ。

大黒様というと打出の小槌を振ることぐらいしか思いつかないが、いったいどんな出し物を見せていたのだろうか。



Y氏(山田全自動)
Y氏(山田全自動)
Twitter facebook
福岡でブロガー/イラストレーター/執筆業などをしながら自由気ままに暮らしています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る