福岡のちょっと変わった観光・旅行案内などを紹介

メニューを表示

【佐賀】厳木駅にある100年前の蒸気機関車の給水塔

厳木駅に今からおよそ100年前の蒸気機関車の給水塔が残されています。


大きな地図で見る
▲ 場所はこちらです。ところで「厳木」ってどう読むか分かりますか??地元の人でないとほとんどの人が読めないと思いますが「きゅうらぎ」と読むんですよ。


▲ 駅舎はこちら。1899年(明治32年)にできた駅です。建物自体は改装していると思いますが、それでもかなり昭和なテイストを残す建物です。無人駅です。


▲ 改札を抜けると(といっても無人なので改札らしいものはない)線路をまたいで向こう側にレンガ造りの古い建物が見えます。


▲ これは厳木(きゅうらぎ)駅が完成した1899年(明治32年)にできた蒸気機関車用の給水塔だそうです。

唐津線の歴史/唐津線でスキップ」のページに↓こう解説されていました。

厳木駅のホームの傍らには、明治32年に作られたレンガ造の給水塔が残っています。
蒸気機関車のボイラーには常に水を補給しなければなりません。長く走るということは、大量の水を消費するということです。
蒸気機関車が現役で走っていた時代は、機関車に水を補給するためにの給水塔が各地の駅にありましたが、その役目を終えた給水塔は解体されていきました。
厳木駅の給水塔はほぼ完全な姿で残っています。

この塔から給水を行っていたのですね!でもどんな感じで給水していたのでしょうね??パイプなどを使ってでしょうか?


厳木駅の周辺はかつて炭鉱の町として栄えていたのだそうです。

江戸時代頃から細々と炭田開発が行われていたそうですが、日清戦争(1894~1895)、日露戦争(1904~1905)の時に石炭の需要が大きくなり、鉄道の積み込み駅としてにぎわったそうです。



▲ 給水塔の中の様子
しかしその後、石炭の需要減とともに炭鉱も閉山し、貨物列車も廃線となったそうです。


現在は普通列車が走るのみとなりましたが、地元の足として使われています。


▲ この給水塔はそんな時代の流れを見つめてきたのでしょうね。

ちなみに厳木駅は竹中直人さん主演の「東京日和」という映画のロケ地に使われたこともあるそうです。

【参考文献】
唐津線の歴史/唐津線でスキップ

東京日和 [DVD]
東京日和 [DVD]

posted with amazlet at 14.05.05
キングレコード (2000-04-19)
売り上げランキング: 59,432
新装版 画文集 炭鉱に生きる 地の底の人生記録
山本 作兵衛
講談社
売り上げランキング: 197,103
Y氏(山田孝之)
運営:Y氏・山田全自動
(山田孝之)
facebook Twitter
Y氏・山田全自動こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。2019年3月からはやや雑記ブログに方針転換しました。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る