福岡のちょっと変わった観光・旅行案内などを紹介

メニューを表示

【福岡市】ひと昔前まで名島にあった妙見島の痕跡を探る

明治時代の福岡の絵葉書で名島の「妙見島」と書かれた絵葉書をみつけました。

▲ こちらの絵葉書です。


大きな地図で見る

▲ 名島にこんな島があったっけ??と思ってGoogle Mapで調べてみましたが、そのような島は見当たりません。

▲ でも古地図を見てみると確かに妙見島という島が描かれています。

この島が一体どうなってしまったのか、とても気になります・・・。

▲ ということで名島に行ってみました。古地図を頼りに探してみたいと思います。

▲ 妙見島があったと思われる付近の堤防。

▲ 堤防沿いを歩いていると、まだ妙見島があったころの航空写真を発見!

▲ 妙見島はこのブログでおなじみの「福岡城下町、博多・近隣古図」にも描かれているようです。

なんでも、旧名島城主の小早川隆景や博多の豪商、神屋宗湛がたびたび茶会をしたという記録も残っているそう。

▲ 航空写真の海岸線を縁取って・・・

▲ 現在の航空写真と重ねてみます。

▲ おぉ!旧海岸線が道筋としてほぼそのまま残っています!そして島の形もキレイにわかります!!


大きな地図で見る

▲ ということで場所が特定できました!

▲ この島を同じアングルで撮影してみると・・・

▲ 現在はこうなっています!マンションがデ〜ンと建っていますが、確かに今でも島っぽさが残っていますね!

昔は引き潮の時だけ砂浜を歩いて渡れる島だったそうです。

現地にいた地元の人にお話を伺うと、なんでもここには豊臣秀吉も茶会に来たという話があるそうです。しかも、秀吉が使用した井戸まで残っているそう。昔は普通に見ることができたのだそうですが、現在は私有地なので中に入ってみることはできないとのこと。

▲ この建物の奥に井戸があるのだそうです。

秀吉のエピソードまであるとは、なんとも歴史ロマンあふれる島だったんですね。

博多謎解き散歩 (新人物文庫)
石瀧 豊美
KADOKAWA
売り上げランキング: 550,041
Y氏(山田孝之)
運営:Y氏・山田全自動
(山田孝之)
facebook Twitter
Y氏・山田全自動こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。2019年3月からはやや雑記ブログに方針転換しました。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る