福岡のちょっと変わった観光・旅行案内などを紹介

メニューを表示

昭和30〜40年代の大阪市の様子

たまには関西の方を、ということで大阪市の古い絵葉書を入手しましたのでストリートビューなどで比較できる場所を見てみました。

僕は以前大阪に住んでいたことがあるのですが、当時はな〜んにも考えずに暮らしていたので、昔 街並みがどうだったかなどは考えたことがありませんでした。

今こうやって比較してみると以前はこんなだったんだ!ということがわかって興味深かったです。

▲ まずはこちら。御堂筋の大丸前です。

絵葉書の正確な年代はわかりませんが、おそらく昭和30〜40年台ではないでしょうか。

こうやってみると大丸やそごう(すでに閉店)は当時は周りに比べてとても大きな建物だったのですね。


大きな地図で見る

▲ 同じ場所をストリートビューで見てみるとこうです。おお!大丸の建物ってずっと変わってないのですね!

御堂筋の道幅はすでに広いですね。もしかして江戸時代から同じだったりするのでしょうか?大阪の古地図もぜひ見てみたいものです。

▲ 大阪市庁(現市役所?ですよね?)はこんな感じ。


大きな地図で見る

▲ 今はこうです。

▲ あまり中之島あたりに行ったことがないのでわかりませんが「水晶橋」という橋でしょうか?


大きな地図で見る

▲ 水晶橋は今はこんな感じですね。

電気科学館はすでに閉鎖してしまった施設なんですね。

▲ こちらは大阪府庁。


大きな地図で見る

▲ 府庁は今でもあんまり変わっていないですね。

▲ 一番びっくりだったのがこちら。大阪駅がちっちゃい!


大きな地図で見る

▲ 今ではこんなに巨大化しています!

大阪も新旧を比較してみると楽しいものです。

「大大阪」絵はがき集
「大大阪」絵はがき集

posted with amazlet at 14.01.03
創元社
売り上げランキング: 504,295
Y氏(山田孝之)
運営:Y氏・山田全自動
(山田孝之)
facebook Twitter
Y氏・山田全自動こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。2019年3月からはやや雑記ブログに方針転換しました。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る