メニューを表示

【佐賀の絵葉書】佐賀藩10代藩主鍋島直正(閑叟)の銅像

佐賀藩10代藩主鍋島直正(閑叟)の銅像。

鍋島直正(閑叟)の銅像は大正2(1913)年に大隈重信らが中心となって建てられた。

松原神社の西側付近にあったが、昭和19(1944)年に金属供出によって撤去された。

現在佐賀城の鯱の門横にある鍋島直正像は平成29(2017)年に再建された二代目だ。

先日、久々に佐賀に行ったら駅前通りに佐賀の偉人の銅像が大量に建てられていて驚いた。

このところ、佐賀県は歴史関係(特に幕末)の事業に気合が入っているようだ。



Y氏(山田全自動)
Y氏(山田全自動)
Twitter facebook
福岡でブロガー/イラストレーター/執筆業などをしながら自由気ままに暮らしています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る