メニューを表示

【大分の絵葉書】平成9年に廃止された柴石温泉の滝湯

別府にある柴石温泉の絵葉書。大正から昭和初期。

柴石温泉は醍醐天皇や後冷泉天皇も湯治に訪れたと言われる歴史ある温泉だ。

血の池地獄から山の方に登っていった場所にある。

滝湯(打たせ湯)が有名であったが、平成9(1997)年のリニューアルで廃止されている。

滝湯は柴石温泉の本館から道を挟んだ向かい側の川沿いにあり、普通にタオル一枚で歩いて行き交っていたそうだ。

現在は滝湯小屋の跡だけがひっそりと残っている。

絵葉書では滝湯の横から少年がこちらの様子を伺っているのが面白い。



Y氏(山田全自動)
Y氏(山田全自動)
Twitter facebook
福岡でブロガー/イラストレーター/執筆業などをしながら自由気ままに暮らしています。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る