福岡のちょっと変わった観光・旅行案内などを紹介

メニューを表示

クリエイターの展示品やグッズはスマホ収納サービスを使って搬入・搬出をすれば超絶楽チンという話

イラストの展示をする時のパネルや、販売するグッズは非常に場所を取ります。

展示を開催している期間というのはせいぜい2〜3週間ほどで、それを半年に1〜2回目開催するだけなので、展示品やグッズはほとんど間、家に置いておく事になります。正直ものすごく場所を取って邪魔・・・だけど捨てるわけにもいかない・・・

そういったものを手元には置かないけど所有しているという状態が実現できる方法がないかと思い、まずは貸し倉庫を検討してみました。

貸し倉庫を契約してみるのはどうだろう?

結論から言うと貸し倉庫は断念しました。理由としては

・家から離れた場所にしかなかった

・量が膨大なので出し入れを自分でするのが大変

・月額料金が高い

という3点です。

結論はサマリーポケット落ち着く

色々考えて、この3点を解決してくれるサービスはスマホ収納サービスの「サマリーポケット」かな?という結論に至り、試しに使ってみると非常によかったので今はこのサービスで運用しています。

このサービスをざっくり説明すると、

・箱が送られてきてそれに物を詰めて返送

・箱は倉庫で預かってもらい、スマホで管理できる

・好きな時にスマホから出し入れできる

というものです。

細かい料金は色々ありますが、大まかに言うとデカい箱が一箱あたり月額500円ぐらいです。「という事は年間6,000円もかかるのか〜」と思った方、もし展示や物販をやっている場合はその料金が激安に感じるものすごく便利な使い方があるんです。

クリエイターがサマリーポケットを使うべきメリット

何が便利かというと会場へ展示品やグッズを直送できる点です。預けた荷物を取り出す時は、預け主の登録住所だけでなく、どこでも好きな場所を指定できます。

僕は福岡に住んでいますが、広島で展示を行った際も送り先を広島の会場に指定し、サマリーポケットの倉庫から直送しました。スマホでちょこっと操作するだけで搬入ができるなんて・・・。大きめの車をレンタルして、荷物を乗せて運搬、なんて必要がなくなります。

ちなみに送料は全国一律で千円ほどなので下手したら自分の家から宅配業者を使うより安く送れてしまうという。ホントに便利でお得!

そして搬出の時にもサマリーポケットの住所に直で返送するとまた倉庫に戻せます。

つまり、搬入から搬出まで全て何も持ち運びせずにできちゃうという夢のようなシステムを構築できます。重いものを持たなくていいので開催前のあのブルーな気持ちから解放されて最高です。

在庫管理もできる?

例えば、手作り雑貨を作ってお店に卸して売っているという人などは、サマリーポケットに預けてしまって、そこで在庫管理をするというのも実現可能かと思います。自分で梱包して集荷を依頼して、などの煩わしさがなくて非常に便利です。

サマリーポケットは色々と条件はありますが、箱の中身の物を別個に取り出して発送という事も可能です。という事は通販の商品を直でお客さんに発送したりという事がスマホだけで完結、なんて事も実現できるかもしれません。(※箱の中身の個数など条件は色々ありますので詳しくはサマリーポケットのサービス内容をご確認下さい。また、物販としての利用が規約上認められているかは不明です。もし本当にやる方は一度サマリーポケットにお問い合わせされる事をおすすめします)

同人誌のような冊子の管理なども良さそうですね。50冊単位で小分けにして箱に入れて預け、発注があったらサマリーポケットから店舗に発送とか。

こういった感じで、個人の荷物の管理だけでなく、工夫すればビジネスのような用途にも活用できるのがサマリーポケットの気に入っている点です。

まとめ

展示や販売をされているクリエイターの方で搬入・搬出で悩んでいる人は多いのではないかと思います。一度サマリーポケットを試してみるともしかしたら解決できるかもしれません。

サマリーポケット

https://pocket.sumally.com

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏・山田全自動
(山田孝之)
facebook Twitter
Y氏・山田全自動こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。2019年3月からはやや雑記ブログに方針転換しました。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る