福岡のちょっと変わった観光・旅行案内などを紹介

メニューを表示

旅行をしてブログを書く旅ブログが成り立つか計算してみた結果・・・・・

旅行に行ってそれをブログにまとめて収益を出して暮らす、そんな生き方に憧れた事があるという人もいるのではないかと思います。

こういった旅ブログが成立するのかどうか、数字の面からかなりリアルに分析してみた結果です。

どうやって収益を出すか

まず、旅ブログをやるとなると、やはり収益源はアフィリエイトになるかと思います。うまくやれば他媒体などで記事を書くという仕事につながるかもしれませんが(この点は後述します)、とりあえずそれは置いておいて、アフィリエイトのみで考えてみました。

アフィリエイトをやる場合、Googleアドセンス(クリック型)か成果報酬型の広告を導入するのが一般的です。成果報酬型についてはやり方次第では大きな数字を出しますが、それなりにテクニックが必要。なので、ここではとりあえずGoogleアドセンス一本でいく事を想定してみます。

どれぐらいの収益が見込めるか

このブログは最近は少し記事の内容は異なったものをアップしてはいますが、ほとんどの記事が旅ジャンルに属するかと思います。実際、Googleアナリティクスの購入意向の強いジャンルを確認してみると「travel」「trip」がほとんど。ですので、旅ブログと判断できると思います。

で、このサイトのGoogleアドセンスの平均クリック単価はだいたい20円程です。この数字はおそらく旅ジャンル全体のクリック単価とおおよそ一致しているのではないかと思います(国内旅行の場合)。つまり、旅ブログでは広告が1回クリックされると20円が報酬として得られるというわけです。

では、広告はどれぐらいクリックされるものなのでしょうか?Googleアドセンスの平均的なCTRは平均で0.5%〜1%ぐらいと言われています。計算しやすいようにとりあえず1%で考えみます。CTR1%と言うとちょっと難しいですが、簡単に言うと100回読まれたら1回クリックされるということです。

これをさっきの情報と合わせて考えると、100回読まれたら1回クリックされて20円が入るというわけです。

何回クリックされなければならないか

さて、例えば温泉旅行に行った記事を書くとしましょう。温泉旅行は場所やプランにもよるかと思いますが、だいたい3万円ぐらいはかかるのではないでしょうか。

ブログを書いて3万円の元を取るには1クリック20円の広告は何回クリックされなければならないかというと、

30,000円÷20円=1,500回

となります。

先程、1回クリックされるにはブログを100回読まれないといけない、という計算をしました。

つまり、1,500回クリックされるには

1,500回クリック×100回=150,000回読まれないと3万円の元は取れません。

150,000回と言われてもイマイチピンと来ないかも知れませんが、この「Y氏は暇人」の平均的な月間のアクセス数がそれぐらいです。

約5年かけて記事数を1000記事ぐらい書いてそれぐらいのアクセス数です。

結局旅ブログは成り立つの?

いろいろ数字で難しく書いてきましたが、これまでの事を要約すると、

奇跡的に毎回相当バズったか、超有名芸能人とかじゃないと無理!

という感じです。

旅ブログを成立させるにはそれをやり続けなければなりません。そこから元を取ってさらに収益まで出すとなると・・・・・

しかも旅ブログは人気のジャンルでもはやレッドオーシャン。

うーん、なかなか現実は結構厳しそう・・・・

他媒体に執筆という道

ただ、別のアプローチもあります。それはチラッと前述した他メディアに記事を提供するというものです。

それなりに読まれるようになってくると、紙媒体やウェブ媒体から記事を寄稿して下さい、とか、どこどこに行ってその感想のライティングをお願いします、という誘いが来るようになってきます。場合によっては書籍化という話も来るかもしれません。

もし、旅ブログに光を見出すとしたらこのあたりではないかと思います。

そのためには個性的な観点を持つとか、得意なジャンルを開発するなどが大切になってきます。例えば、工場夜景が見れる場所に詳しい、とかマニアックな博物館に行きまくっているとか。ちょっと詳しいレベルではダメです。狂ったほどその事を考え続けるぐらいでないと厳しいと思います。そういったものを丁寧にやり続ければ、そこを糸口に広がりが出てくると思います。

このブログもまさにそのパターンで、ブログ単体では全然収益になっていませんが、そこから派生した執筆や寄稿でなんとか辻褄が合っているような感じです。

成果報酬型の広告もある

あとはGoogleアドセンスのようなクリック型ではなく、例えばホテルに予約されたらその1%が報酬として入るなどの広告もあります。こちらはテクニックやセンスが重要になりますが、うまくやれば可能性はあります。

ただ、いずれにしても相当なアクセス数を集めなければならない事には変わりありません。

まとめ

もし旅ブログをやるとしたらかなりジャンルを絞ったものでやり、かつ、他媒体での執筆なども視野に入れたものであればやってみる価値はあるのではないかと思います。

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏・山田全自動
(山田孝之)
facebook Twitter
Y氏・山田全自動こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。2019年3月からはやや雑記ブログに方針転換しました。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る