福岡のちょっと変わった観光・旅行案内などを紹介

メニューを表示

梅林古墳横の団地のマークがカワイイ!

福岡市城南区にある梅林古墳を鑑賞しておりましたところ、古墳横にある団地のマークがカワイイことを発見しました。


大きな地図で見る

▲ まず、梅林古墳は立地が非常に面白いです。

団地の敷地内に古墳が鎮座しており、古墳 in 団地 状態となっています。

▲ 梅林古墳の案内看板。

1989年に発掘調査が行われ、様々な物品が出土したそうです。

▲ そのため、団地のマークが古墳時代に関連するものが描かれています。

こちらの塔は勾玉(まがたま)と土器ですね。

これはおもしろいし、素晴らしいセンス。デザインもかわいいです。

▲ この塔は土器です。

▲ こちらは銅鐸(どうたく)。

▲ これは馬の埴輪(はにわ)ですね。

▲ こちらも埴輪(はにわ)だと思いますが何か持っていますね。

農耕用の鍬(くわ)でしょうか。

▲ 舟。

▲ こちらは高床式倉庫でしょうか。

▲ 壁画的なもの。

▲ どのデザインもかわいくて素敵です。このデザイナーさん、かなりいい仕事してますね。

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏・山田全自動
(山田孝之)
facebook Twitter
Y氏・山田全自動こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。2019年3月からはやや雑記ブログに方針転換しました。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る