福岡のちょっと変わった観光・旅行案内

メニューを表示

福岡穴場観光

> 詳しくはこちらをクリック <

【今泉】五七五の定形も季語もない俳句を提唱した吉岡禅寺洞のモニュメント

福岡市の今泉公園には吉岡禅寺洞(よしおか ぜんじどう)のモニュメントがあります。


大きな地図で見る
▲ 今泉公園には大隈言道の文学碑がありますが、吉岡禅寺洞のモニュメントは道を挟んだ向かい側にあります。


▲ 1889年(明治22年)に箱崎に生まれ、その後 今泉に移住、俳句にハマって俳句専門誌「ホトトギス」に投稿を続けていました。

ホトトギスの俳句の選者であった高浜虚子に認められ、名をあげました。


▲ その後、自由律俳句(五七五の定形も季語もない俳句)を提唱し俳句雑誌「天の川」を創刊しました。


▲ 僕は俳句はあまりよく分かりませんが、吉岡禅寺洞の口語の自由律俳句は親しみやすくて面白いです。

「ごきぶりのあわてようおかしくもない夜です」

「峰二つ越えて寐てゐる布団かな」

今泉公園のモニュメントには下記の作品が記されています。

「こがねむしが眠っている雲たちはパントマイム」

辞世の句は

「季節の歯車を早くまわせスイートピーをまいてくれ」

だそうです。

【参考サイト】
俳人・吉岡禅寺洞の句碑
Wikipedia吉岡禅寺洞
自由律俳句を読む 29 週刊俳句 Haiku Week

吉岡禅寺洞文集 (1971年)
吉岡禅寺洞文集 (1971年)

posted with amazlet at 15.01.28
吉岡 禅寺洞
)吉岡禅寺洞文集刊行会

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)
ページトップへ戻る