福岡のちょっと変わった観光・旅行案内

メニューを表示

福岡レトロ旅

> 詳しくはこちらをクリック <

続・【自作ピンホールカメラ】ゴミでカメラを作ったら ちゃんと撮影できた

ゴミでカメラを作ったら ちゃんと撮影できたということで、色々と試行錯誤を繰り返した結果、かなりいいクオリティーまで到達出来ました。

※「ゴミでカメラを作ったら ちゃんと撮影できた」の記事を読んでいない人はまずはこちらをお読み下さい!

味のある写真が撮影できるので、せっかくならということでお城(福岡城)へ繰り出しました。

▲ ゴミ(ピンホールカメラ・針穴写真機)を持っていざ行かん。

▲ この門とその周りの櫓(やぐら)を撮影してみたいと思います。

▲ さっそく撮影・・・。

カロリーメイトを持ってじ〜っとしている姿は異様です。

▲ 次は下に置いて撮影。

さすがゴミだけあって溶け込みすぎです。

▲ あやしい物体を設置している人と間違われないだろうか。

あっけなく撮影が終了したので現像してみたいと思います。

くつ箱

まずはくつ箱で撮影したものを見てみます。

▲ なかなか良さそうな気がします。

▲ 何と言いますか・・・、びっくりするぐらいキレイに撮れました!

かなり鮮明ですね。

これまでキレイに撮れなかったのは逆光の中で撮影していたからのようです。

ある程度 日が傾いてから(4時ぐらい)撮影してみたところ、なかなか うまくいきました。

ほうじ茶

次はほうじ茶。

▲ これだけはいつも撮影した部分が丸にならずにちゃんと写真全面に四角く撮れるんですよね。

なぜなんでしょうか。

▲ こちらもかなり鮮明です。

大成功です。

くつ箱とほうじ茶は何となくうまくいくのではないかと思っていましたが予想通りでした。

クノールカップスープ

クノールカップスープでは今まで一度も成功していません。どうでしょうか?

▲ おお!結構いい感じのようです!

▲ おおおおおお!撮れました!

この古写真風の質感、たまらないですね!

これはかなり嬉しいです。

やはりある程度日光がおさまってからの撮影がよさそうな気がします。

カロリーメイト

問題はこちらです。

カロリーメイトも今まで一度も撮影できていません。全部真っ黒になってしまいます。

何としても成功したいところです。

▲ お!?だいぶミニサイズですが どうでしょうか?

▲ やりました〜!写ってます!

カロリーメイトでは意地でも成功させたかったので嬉しすぎます。

やはり小さければ小さいほど画質は落ちる気がします。

でも鮮明なものよりも こちらの方が味があって好きなので、もっと小さいものにも挑戦してみようと思います。

いや、しかし ピンホールカメラ(針穴写真機)は楽しいですね!

はじめてのピンホールカメラ―入門
熊崎 勝
風媒社
売り上げランキング: 317,663

関連記事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏 (山田孝之)
facebook Twitter instagram
Y氏こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。著書:福岡路上遺産(海鳥社)
ページトップへ戻る