福岡のちょっと変わった観光・旅行案内などを紹介

メニューを表示

【天神】勝立寺にあるかぼちゃのオブジェが乗った石碑

天神の勝立寺にはかぼちゃのオブジェが乗ったユニークな石碑があります。[map addr=”福岡県福岡市中央区天神4丁目1−5″]
▲ 勝立寺の場所はこちら。

IMG 2713
▲ 勝立寺は建立された経緯も少し変わっています。

勝立寺「お寺の由来」にはこう書かれています。

慶長八年四月二十五日(1602年)に京都妙覚寺の僧、唯心院日忠は九州布教の折り、博多蓮池の妙典寺に招待されました。

その際、キリシタン徒イルマン(宣教師)旧澤、安都と宗教問答をして勝利を得ました。

福岡藩主黒田長政公はその功績を讃えるため、キリシタン教徒の居留地を日忠に下賜しました。

宗教問答に勝ったことから長政の命で、寺号を”勝って立つ寺”の「勝立寺」と名付けられました。

詳しくはこちらを参照→天神にある勝立寺がみどころ満載
http://y-ta.net/syoryuji/

IMG 2710
▲ また、西南戦争の時には新政府軍(官軍)の仮本営が築かれた場所でもあります。→参照:【熊本】今でも銃弾が出土する日本最大の激戦区 田原坂

IMG 2704
▲ そんな勝立寺の門の左側には↓こんな碑があります。

IMG 2716
▲ 碑の上にかぼちゃが乗っている!(右)

1
▲ 「海中出現 南瓜 毘沙門天王 厄除鬼難」と書かれています。

その昔、博多の商人だった笹正兵衛が大阪に向かう途中、海難事故にあい、その際に海中からかぼちゃを持った毘沙門天が出現し、飢えずに生き延びることができたのだそうです。

帰ってきた笹正兵衛は勝立寺に毘沙門堂を建立し、参拝者にかぼちゃを振る舞うようになったのだそうです。

その行事は現在でも引き続き行われていて、冬至の日に「かぼちゃ大祭」が開催され、かぼちゃ料理が振る舞われています。

このかぼちゃにそんなエピソードがあったとは。

「かぼちゃ大祭」ぜひ参加してみたいです。

【参考サイト】
勝立寺のかぼちゃ大祭 約300年続く冬至の伝統行事

Y氏(山田孝之)
運営:Y氏・山田全自動
(山田孝之)
facebook Twitter
Y氏・山田全自動こと山田孝之が福岡のちょっと変わった観光スポットや路上ネタを紹介します。2019年3月からはやや雑記ブログに方針転換しました。著書:福岡路上遺産(海鳥社)、福岡穴場観光(書肆侃侃房)、山田全自動でござる(BOOKぴあ)など
ページトップへ戻る